失敗した時の考え方

仕事で失敗してしまったら上司に叱られてしまうこともありますし、精神的なショックを受けてしまうこともありますよね。
いつまでもクヨクヨしてはいけないということは分かっていながらもつい落ち込んでしまう、という方も多いでしょう。
そこで、ここでは仕事で失敗したときに思い出したい考え方についてご紹介します。

死ぬわけじゃない

仕事で失敗したのを上司に報告へ行くときはとてもイヤな気分ですよね。
特に怖い上司なら尚更報告したくありませんし、人によってはこの世の終わりのような気分になってしまう方もいるでしょう。

しかし、仕事で失敗しても命まで取られるわけではありません。
どんなに会社に対して甚大な被害を与えるような失敗をしたとしても、それであなたの命が取られるような心配はないのです。

こう考えれば相当気分も楽になりませんか?
今度から仕事で失敗して上司から叱られてしまう、というようなときには「まあ死ぬわけじゃないし」という気持ちに切り替えてみましょう。
きっと驚くほど気分が落ち着くと思います。

誰でも失敗はある

この世に失敗をしないような人間はいません。
失敗してしまうからこそ人間とも言えます。
どんな人でも失敗をしてしまうことはありますから、例え仕事で大きな失敗をしてしまったとしても「失敗は誰にでもある!」と開き直ってしまうことをおススメします。

プロ野球で例に出しますが、驚くような年俸をもらっているストッパー投手でも時にはセーブに失敗してしまうことがありますよね。
いかに「最強の守護神」と言われていても、その時のコンディションなどによっては相手打者に打たれてしまうことはあります。

どんな人間でも失敗することはありますし、失敗しないような人間はこの世の中にいません。
これから失敗してしまったときはそう考えるようにしましょう。
ただし、同じ失敗を何度も繰り返してしまうのは問題がありますから、そこは注意が必要です。

同じ失敗をしない

一通り反省したあとはもうクヨクヨしないことです。
いつまでもクヨクヨしていても何の解決にもなりませんから、それよりも同じ失敗をまたしてしまわないよう強く心に刻みつけておきましょう。

仕事のデキる人というのは同じ失敗を犯さないように最大限の注意を払っています。
例え一度失敗しても、同じことを二度としないよう強くその時のことを心に刻んでいるのです。
一方、仕事のデきない人というのは同じ失敗を繰り返してしまいます。
同じ失敗を繰り返していると上司からの評価もどんどん下がってしまいますから注意が必要です。

どんな人にでも失敗はありますし、失敗をしない人はいませんからそこは大した問題ではありません。
ただ、同じ失敗を繰り返さないことと、心を強く持つことが大切です。
失敗したって死ぬわけではありませんし、開き直ることも大切ですよ。