私服とは

就活面接に向かうときの服装で頭を悩ませてしまう方も少なくありません。
基本的にはリクルートスーツなどで大丈夫なのですが、企業によっては私服でお願いしますというケースもありますし、ビジネスカジュアルで大丈夫と言われてしまうこともあります。
しかし、就活者からすると私服やビジネスカジュアルよりもリクルートスーツのほうが考える手間もありませんし楽ですよね。

本当に私服で大丈夫なのか

いくら私服で来てくださいと言われても勘繰ってしまうものですよね。
私服で来てくれと言いつつ実はこっそりどんな格好で来るのかチェックしているのではないか、とつい裏読みしたくなる気持ちは十分理解できます。

確かにそのような企業も中にはあるかもしれませんが、基本的には裏読みする必要はないでしょう。
近年ではできるだけリラックスした状態でコミュニケーションが取れるようという考えから私服での面接を実施する企業が増えています。

面接を受けに来ている方ができるだけ安心して会話できるようにという会社側の配慮ですから、敢えて裏読みするような必要はありません。
私服でと言われたら素直に私服で訪れましょう。
ただし、いくら私服でイイと言われてもあまりにも常識はずれな格好で足を運ぶと問題ですからそこはわきまえましょう。

印象の良い私服とは

いくら私服とは言え就職面接なのですからそれなりの格好をしていく必要があります。
もっとも重要なのは清潔感ですから、できるだけ清潔感をアピールできるような服装をチョイスすればイイでしょう。

女性の場合はなるべく露出を控えた格好を推奨します。
極端なミニスカートやホットパンツなどは面接担当者も目のやり場に困ってしまいますからやめておきましょう。

男性もハーフパンツなどはやめておいたほうが無難ですし、できるだけ襟のあるシャツを着ていったほうが無難ではないでしょうか。
男性だと綿パンに襟付きのシャツ、女性だと清楚に見えるワンピースなどが良いかもしれません。

ビジネスカジュアルについて

ビジネスカジュアルとはビジネスシーンでも使えるようなカジュアル路線のファッションを指しており、近年では広がりを見せつつあります。
外資系の企業などではビジネスカジュアルを採用している企業も少なくありません。

女性だと落ち着いた雰囲気のトップスにジャケットやカーディガンを羽織るスタイルが主流です。
男性の場合は襟付きシャツにジャケットやブレザー、コットンやウールのパンツといったスタイルが多い傾向にあります。

私服と言われてもついリクルートスーツで行ってしまう方も多いでしょうが、せっかく会社側がリラックスして話せるようにと配慮してくれていますから私服で訪れるようにしましょう。
ただし、先ほども言ったように面接に不適切な私服はダメですよ。