履歴書のテンプレート

就活中には履歴書やエントリーシートを企業に送付することが多くなりますよね。
こうした履歴書やエントリーシートなどを送付するときには送付状も必要となりますが、その都度作るとなると大変ですし手間もかかってしまいます。
そこで、エントリーシートや履歴書送付用のテンプレートを作っておくと便利かつスムーズに就活を進めることが可能となるでしょう。

あらかじめ作っておく

その都度送付状を作るのも別に良いですが、どうしても手間や時間はかかってしまいます。
充分な時間があるという方なら構いませんが、就活中は少しでも時間が欲しいものですよね。
そこで、よく使う形式をテンプレートにしておくと非常に便利です。

テンプレートを作ってパソコンに保存しておけばいつでも呼び出してプリントアウトできますし、その都度作るような手間もかかりません。
これから就活を始める方、すでに始めているという方もぜひ送付状のテンプレートを作っておくことをおススメします。

どのような形式にするべきか

テンプレートを作ると言ってもどのような形式にすればいいのか分からないという方もいるでしょう。
送付状に記載する内容というのはたいてい決まっていますから、そこまで難しく考える必要はありません。

まず、送付状を送る日付と送付先の社名や担当者の名前などを記載します。
また、自身の住所や氏名、連絡先を記載しておけばたいてい大丈夫です。
連絡先は携帯電話の番号とメールアドレス両方を載せておくと良いかもしれませんね。

送付状に記載する文章についてはネットなどで調べるといくらでも出てきますから、そちらを参考にしてください。
「拝啓 時下、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」という書き出しが一般的ですが、このほかにも書式はいろいろありますから好みで選んでも良いでしょう。

履歴書の書き方

ついでと言ってはなんですが、履歴書の書き方についてもご紹介しておきましょう。
就活中における履歴書というのは自分の分身のようなものですから非常に重要です。

重要なポイントはいくつかありますが、一つには丁寧に心を込めて書くということが大切です。
適当かつ乱雑に書きなぐったような履歴書だと十中八九担当者の目にとまるようなことはないでしょう。
それだけで粗野かつ教養のない印象を植え付けてしまいますから注意しなくてはなりません。

誤字脱字に注意することも大切ですし、略字を使わないことも覚えておきましょう。
ついついいつもの癖で略字を使ってしまうという方もいますがこれはマイナスポイントです。
正しい日本語で記載するようにしましょう。

応募企業が求めている人材について理解すること、応募先の企業で活かせる職務経歴をアピールすることも大切なポイントです。
また、志望動機は履歴書を書く上でもっとも重要な部分ですからここには全身全霊を込めて仕上げるようにしましょう。

履歴書の書き方についてはたくさん書籍も販売されていますし、ネット上で詳しく教えてくれているサイトもあります。
そのような情報もとで調べつつ書いてみましょう。

履歴書やエントリーシートを送る際の送付状テンプレートがあれば就活をスムーズに進められますから、まだ作っていないという方はぜひ作ってください。
また、履歴書の書き方についてもぜひ参考にしてくださいね。