1. >
  2. >
  3. 髪型・メイクについて

髪型・メイクについて

女性なら就職面接に挑む髪型やメイクにも悩んでしまうものです。
就活における女性のメイクやヘアスタイルですが、基本的には「初対面の人に自分を理解してもらう」ということを念頭に置いて考えると良いのではないでしょうか。
ここでは就活で好印象を与えることのできるメイクやヘアスタイルについてご紹介します。

清潔感が好ましい

ヘアスタイルは基本的に清潔感が感じ取れるならどのようなスタイルでも良いですが、あまりにも極端なヘアスタイルは悪い印象を与えてしまいます。
いわゆる「盛った」ような髪型だと非常識だと思われてしまうかもしれませんから注意しましょう。

髪の毛が必要以上にはねたりしないように、ワックスやヘアピンを使っておさえることも大切です。
絶対に髪の毛を一つにまとめておかねばならないという決まりはありませんが、結ぶ位置によって見られ方や与える印象も変わってきます。
そうしたことも考えつつヘアスタイルを決めてみましょう。
前髪で目が隠れそうになっているのはあまり良い印象を与えませんから、できるだけ前髪はどちらに流しておくか、もしくは事前にカットしておくことが大切です。

メイクのポイント

就活におけるメイクもとにかく清潔感が大切ですし、健康的に見えるメイクを基本として考えましょう。
丁寧にベースメイクを施し、なるべくのせすぎないということが重要なポイントです。

目は口ほどにものを言うという言葉があるように目元の印象は非常に重要です。
人が会話をするときには目を見て話すものですし、目元が相手に与える印象はとても大きいですから注意しなくてはなりません。

アイシャドウを軽くのせると印象を変えることができますが、どうしてもアイシャドウが必要というわけではありません。
あまり濃くなり過ぎないようにすることが大切です。

チークはあまりやり過ぎると違和感を与えてしまいますから適度に抑えておきましょう。
ピンクやオレンジ色が強すぎると違和感が強いため、できるだけ落ちついた色合いを合わせることが大切です。

口紅もできるだけベージュ系のピンクをチョイスするなど、派手になり過ぎないように注意しましょう。
また、アクセサリーをつけても大丈夫なのかという方もいますが、基本的に就活面接ではアクセサリーはしないほうが無難でしょう。

まったく気にしない企業もあるでしょうし、問題ないことも多いでしょうが、できるだけ不安要素は排除しておきたいですよね。
せめて就活中くらいはアクセサリーも我慢しておきましょう。

ヘアスタイルもメイクも清潔感と健康的な印象を与えることが大切です。
そのことを踏まえた上で考えると分かりやすいかもしれませんね。