1. >
  2. >
  3. 就活における自己紹介

就活における自己紹介

就活における面接では自己紹介が重要なウエイトを占めています。
企業の採用担当者は面接を受けにきた人の自己紹介を見ていろいろなことを読み取ってしまいます。
面接での自己紹介は非常に重要ですが、どのようなことを話せばいいのか分からないという方は意外に多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは就活面接における自己紹介についてお話しましょう。

伝えることを覚えておく

就活面接の自己紹介で話すべき内容はある程度決まっています。
必ず伝えるべきポイントがありますから、まずはそれをしっかり理解して把握しておきましょう。

必ず伝えるべきことは六つあり、出身校と氏名、専門の分野や企業に対しての興味や魅力、挨拶、自己PRとなります。
この六つさえ押さえておけば大丈夫ですから、まずはこの六つのポイントを覚えておきましょう。

重要なのは自己PRと企業に対しての興味です。
就活面接で成功するためにはここをしっかり充実させることが重要ですから覚えておいてください。
自己PRや企業に対しての興味などは他の就活者に差をつける絶好のポイントですから、ここがきちんとできていれば優位に立つことも可能となるでしょう。

自己PRについて

自己PRがうまくできれば採用担当者に良い印象を残すことができます。
自分にはどのようなスキルがあるのか、自分を採用することで企業にどのような利益をもたらすことができるのか、ということをしっかり伝えられるようにしておきましょう。

言葉にして伝えられなければまったく意味がありませんから、面接までのあいだにしっかりと言葉にできるよう練習しておくことも大切です。
頭では思っていても言葉にするのが難しいということは多々ありますし、いざ面接になると言葉が出てこなくなるということもよくあることです。

きちんと自分の言葉にして、普段から練習しておけば大丈夫ですからしっかり練習しておきましょう。
一度原稿にしてみると良いかもしれませんね。
また、あまりにも定型的な文章になってしまったり、他の人と同じようなことを言っていては印象に残ることはできません。

あまりにも事務的、定型的な言葉だと良い印象を与えることはできませんから、できるだけ自分の言葉に直して自分をアピールすることが大切です。
面接の担当者は話す内容はもちろん、チョイスする言葉や間などについてもチェックしていますから細かい部分にまで神経を張り巡らせる必要があります。

自己紹介は自らをアピールするには最適ですし、他の面接者に差をつけるチャンスでもあります。
逆にここで失敗してしまうと採用担当者の印象に残ることもないでしょうから、できるだけ事前に詰めておくことをおススメします。